文化・芸術

利休好み

「これはなかなか利休好みですね・・」

古美術鑑定家・中島誠之助先生が

おっしゃりそうな台詞☆☆☆


利休とはご存知のように「草庵の侘び茶」を大成させた茶人

180px2002_kenrokuen_hanami_0123



侘び寂びの世界に美的価値をおいた利休は

「質素で静かなもの」を好み

華やかな金襴緞子の宮廷っぽいものとは対極にある

いわゆる「渋い」ものが好きだったようです。

それもただ「渋い」だけではなく

伴う中身も問題‥‥「表面は粗末でも内面は丁寧に」!!

丁寧に行う・・心に響く言葉です☆

冒頭のこの台詞は

今朝、マンションの中庭を見ての私のつぶやき。

070820_14210001

ここに庵でもあったら、さぞ利休好みの茶室が出来たのでは?

と思うほど自然のまま。何だかイギリス式庭園のようです。




私の部屋もある意味「利休好み」・・侘び寂びを感じます。

な〜んて言い訳はヤメて、ちゃんと片付けます!!!


皆さんのお宅は利休好み?








| | コメント (1)